ホーム
地図・アクセス
歯列矯正専門 氏家駅より徒歩5分

栃木県さくら市の歯列矯正専門歯科「矯正齋藤歯科医院」。氏家駅から徒歩5分。矢板市や高根沢町からもアクセス良好。

歯列矯正治療の方法

症例ブログ

求人情報


第1期治療

主に小学生やそれ以前の永久歯がすべてそろっていない時期あるいは顎が成長途中である時期に行う矯正治療です。
第1期治療はその目的により使用する装置が大きく異なります。写真のようなものを良く用いますが、取り外しができる装置あるいは自分では取り外しができないもの、歯だけを動かすもの、顎の骨の成長を促すものなど、歯並びの状態により使う装置もさまざまです。

多くの場合この治療の後第2期治療に移行します。

第2期治療

ほとんどの永久歯が生えそろってからの矯正治療です。一般に矯正治療というとこの装置を頭に描く方も多いと思いますが、この段階での治療はほぼこういった装置による治療となります。
永久歯の抜歯を必要とする治療もこの時期に行います。
この段階の治療は、ほとんどの永久歯がそろっている(中学生以上)なら基本的に年齢は問いません。

外科手術を併用する矯正治療

上の顎と下の顎のずれが大きすぎて歯を動かしただけでは正常な噛み合わせに回復することができない場合、矯正治療の途中で顎の骨を分離する外科手術を必要とする場合があります。
もちろん普通の矯正治療の途中に突然外科手術を宣告されるわけではなく、治療開始前の診断時にそうすべきかそうでないかの話し合いは済んでいることでしょう。
外科手術は入院を伴います。

MTM(Minor Tooth Movementの略)

補綴治療のため、あるいは一部分だけの矯正治療。概ね12ヶ月以内の短期間で治療が終了します。

補綴治療とは・・・
欠損した歯を人工的に補うための歯科治療(入れ歯やブリッジなど)

保定

動かした歯は必ず戻ろうとします。
整った歯列をできるだけ長く保つためには、動かしてきた期間かそれ以上の間とどめておく必要があります。

ページの先頭に戻る