診療案内

矯正治療って何?

矯正歯科の目的は、「きちんと噛むことができる、きれいに整った歯列を獲得すること」です。歯がきれいに並んでいないと上下の歯が噛み合わず、噛む力が低下してしまいます。矯正で歯並びを整えることで噛む力を改善し、より食事を楽しんでいただくことができます。

もっと見る

悪い歯並びをきれいに整えるためにどのように治療をしていくかは、患者さまのお口の状態によって異なります。場合によっては骨格的な部分も調整したりする必要があるかもしれません。
特に、当院ではお子さまの段階から矯正治療を行うことを大切にしています。早い段階から治療を行うことで、より良い発育を促すことにつながることはもちろん、将来的なお口の健康維持も期待できます。

矯正が必要な人って?

「学校の歯科検診で治療が必要と判断された方」が対象になります。しかし、「噛めない」など日常生活で支障をきたしてしまう場合には、一度相談にお越しいただきたいと考えています。

もっと見る

歯並びの状態にもよりますが、顎の骨が成長段階である小学校低学年から治療を開始するほうが、余計な負担を与えることなく行うことができます。もちろん、大人になってからでも治療することができますが、その場合、抜歯などのリスクを負ってしまう可能性が高まります。
当院では、治療のゴールを患者さまに委ねており、歯科医師として考える治療のゴールを押しつけることはありません。患者さまが問題なく噛める、笑顔で毎日を送れることを願って、患者さまの考えやご要望を軸に治療計画を立てていきます。

どんな方法があるの?

矯正治療は大きく分けて2段階あります。Ⅰ期治療とⅡ期治療です。Ⅰ期治療とは、専用の装置を使用して顎の骨の成長を促し、小学生やそれ以下のお子さまの永久歯が生えてくるタイミングでスペースを作り、きれいに整えていく治療です。Ⅱ期治療は、永久歯が生えそろった後の治療のことで、ブラケットという装置を歯に付けて、前後の並びや隙間などを整えていきます。

もっと見る

お子さまの歯並びの状態にもよりますが、軽度の問題であればⅠ期治療で治療が終了することがあります。また、患者さまが「しっかり噛める」というのであれば、Ⅱ期治療に移行せずに終わらせることもあります。
矯正はとても時間のかかる治療です。そのため、お子さまの治療に対するモチベーションが重要になってきます。お子さまの気持ちを第一に考え、無理なく行える範囲で治療を進めていきます。

制作

どうやって治療するの?

矯正治療というと、歯に装置を付けてワイヤーで行う方法を思い描くと思います。しかしこの治療はⅡ期治療の段階であり、Ⅰ期治療では目的に応じて使用する装置が大きく異なります。患者さまのお口の状況に合わせてご提案し、治療を進めていきます。またそれだけでなく、外科手術を伴う矯正や部分矯正など、あらゆる症例に対応できるように準備をしています。

もっと見る

Ⅰ期治療で使用する装置には、自分で取り外しができるものとできないもの、歯だけを動かすものや顎の骨の成長を促すものなど、多くの種類があります。主に永久歯がすべて生えそろっていない時期もしくは顎の骨が成長段階の時期に、これらの装置を用いて治療を行います。そして、Ⅰ期治療が終わった後、多くの場合がⅡ期治療に移行し、ワイヤーを用いてよりきれいな歯並びへと整えていきます。
また、上記以外にも矯正の治療方法があります。例えば、上下の顎のずれが大きく、複雑な症例の場合には外科手術を併用した矯正治療を行います。その場合、事前に患者さまと話し合い、同意をいただいてから治療に進んでいきます。さらに、ブリッジなど歯を失ってしまった箇所を補う治療を行う際や一部だけ歯並びを整えるための、MTM(部分矯正)にも対応しています。
そして、治療の最後にはマウスピースなどを用いて、動かした歯を落ち着かせる保定期間があります。動かした歯は元に戻ろうとしてしまいますので、きれいな状態を維持するためにも、治療と同等かそれ以上保定期間を設けて、後戻りしないようにしていきます。

メリット・デメリットを教えて!

矯正治療を行うことで得られるメリットの一つが、「食べ物をきちんと噛めるようになること」です。ご自身の歯できちんと噛めるということは、食事をするうえでとても大切なことです。噛めるようになることは、より食事を楽しむことにもつながっていくと考えています。

もっと見る

歯ブラシやデンタルフロスでの掃除がしやすくなるので虫歯や歯周病のリスクを抑えることができ、ご自身の歯を長持ちさせることにつながります。さらに、口元にコンプレックスを改善することで、素敵な笑顔で思いきり笑えるようになると考えています。
もちろん、矯正治療にはデメリットも存在します。例えば、顎が小さい場合、歯並びを整えるために抜歯をしなければいけないことがあります。さらに、「歯を動かす時に痛みが生じる」「装置が付くことで、話しにくかったり、食べにくかったりする」などがデメリットとして挙げられます。
治療を始める前に、メリット・デメリットは十分に説明いたしますので、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。